赤面症・顔面多汗症の人のブログ

赤面症・顔面多汗症で困っている方に見て欲しくてはじめました

赤面症・顔面多汗症~漢方薬②~

前回は桂枝加竜骨牡蛎を紹介しました

 

今回は柴胡加竜骨牡蛎湯サイコカリュウコツボレイトウである。

 

多汗症に対する薬ではないが、私みたいに精神的な要素によってがでたり、赤面したりする人に使われる漢方薬である。

 

効能・効果

体力中等度以上で、精神不安があって、動悸、不眠、便秘などを伴う次の諸症:
高血圧の随伴症状(動悸、不安、不眠)、神経症、更年期神経症、小児夜泣き、便秘

 

成分・分量

日局サイコ 2.5g
日局ハンゲ 2.0g
日局ケイヒ 1.5g
日局ブクリョウ 1.5g
日局オウゴン 1.25g
日局タイソウ 1.25g
日局ニンジン 1.25g
日局ボレイ 1.25g
日局リュウコツ 1.25g
日局ショウキョウ 0.5g

 

引用元:https://www.tsumura.co.jp/products/ippan/021/index_s.html

 

【第2類医薬品】ツムラ漢方柴胡加竜骨牡蛎湯エキス顆粒 48包

【第2類医薬品】ツムラ漢方柴胡加竜骨牡蛎湯エキス顆粒 48包

  • 発売日: 2018/03/01
  • メディア: ヘルスケア&ケア用品
 

なぜ、この漢方が気になったかというと体力中等度以上、精神不安があって、動悸、不眠、便秘などを伴う神経症などであるというとこである

 

しかし、漢方薬副作用というものが少ないが、ゼロではない

 以下は一部の副作用である。ほかにもいろいろとある

 【甘 草】カンゾウ/偽アルドステロン症:顔や手のむくみ・尿量減少・体重増加・脱力感・筋力低下・筋肉痛・こむら返り・頭痛・のぼせ・肩こり・手足のしびれやこわばり・嘔気・嘔吐・食欲不振などの症状があらわれる。

 【黄 今】(オウゴン)間質性肺炎:空咳・発熱・労作時の息切れなどの症状があらわれる。

 【麻 黄】(まおう)・【附 子】(ぶし)/心血管症状(動悸・不眠・神経症状):心臓がドキドキする・脈が早い・脈の乱れ・胸苦しい・悪心・嘔吐・不眠・イライラ・多量の発汗・舌のしびれなど。

 【桂皮】(けいひ)・【当帰】(とうき)・【黄今】(おうごん)/薬疹(発疹・掻痒):発疹・皮膚発赤・掻痒・発熱など。

引用元:http://ww7.tiki.ne.jp/~onshin/zakki15.htm

 もし、漢方薬で治療したいときは精神科の医師らの指示で飲み始めた方がいいかもしれない。ネットで買うのもいいが、値段も処方してもらった方が安いかもしれない。

 

本日も読んでいただきありがとうございました!

赤面症・顔面多汗症〜漢方薬①〜

 

 

   多汗症発汗する要因として以下の三つがあるとされている

①温熱性発汗といい、暑い時や激しい運動時に体温が上昇すると脳の視床下部にある体温調節中枢が指令を出し、じわっと全身の汗腺から発汗します。

②精神性発汗といい、恐怖や緊張、興奮などの強いストレス時に脳の前頭葉辺縁系と呼ばれる部分が刺激され、瞬時に発汗します。

③味覚性発汗といい、主に辛い物を食べると頭皮・顔面を中心とした上半身に発汗します

引用:http://www.do-yukai.com/medical/89.html

 

おそらく、わたしは②である

 

以前のペインクリニックでの治療は継続しているが、プロバンサインやパキシルなどの内服薬以外でもなにか治療薬がないか探していた。

②がもし原因になるならば、不安を取り除く薬がいいが、依存性や離脱症状がない薬がいいと考えていた。

風邪の初期に使う葛根湯やインフルエンザにも使うことが麻黄湯など漢方薬がある!と色々と調べ始めた。

自分で調べてみると2つほど当てはまるものが見つかった。

 ①桂枝加竜骨牡蛎湯(ケイシカリュウコツボレイトウ)

不眠やイライラ、子どもの夜尿症にも

疲れやすく、神経が過敏になることで起こる不眠症、イライラ、不安などを改善する漢方薬です。
神経症をはじめ、ストレスのような精神的な不安が引き起こす男性の性機能の低下が気になる方、神経の高ぶりによる子どもの夜泣きや夜尿症などにも用いられます。眠りが浅い、夢見が多いなどにも使われます

気力をつけて精神を穏やかにする

「桂枝加竜骨牡蛎湯」は、その名のように「桂枝湯(けいしとう)」に、「竜骨」と「牡蛎が加わった処方です。
神経の高ぶりを鎮め、不安を取り除いて気力をつけ、不安定な精神を落ち着かせます。

配合生薬

桂皮(ケイヒ)、薬(シャクヤク)、大棗(タイソウ)、牡蛎(ボレイ)、竜骨(リュウコツ)、甘草(カンゾウ)、生姜(ショウキョウ)

引用:桂枝加竜骨牡蛎湯(ケイシカリュウコツボレイトウ): ツムラの漢方処方解説 | 漢方について | ツムラ

 

神経の高ぶりを鎮め不安を取り除いて気力をつけ、不安定な精神を落ち着かせます。

この文章を見て試しに飲んでみようと思った。

またこのとき、私は仕事のストレスで不眠症に似たような症状になっていたため、この薬を飲んでみようと思った

 

 

【第2類医薬品】「クラシエ」漢方桂枝加芍薬湯エキス顆粒 45包 ×3

【第2類医薬品】「クラシエ」漢方桂枝加芍薬湯エキス顆粒 45包 ×3

  • 発売日: 2007/07/01
  • メディア: ヘルスケア&ケア用品
 

 

 

【第2類医薬品】ツムラ漢方桂枝加竜骨牡蠣湯エキス顆粒 20包

【第2類医薬品】ツムラ漢方桂枝加竜骨牡蠣湯エキス顆粒 20包

  • 発売日: 2018/03/01
  • メディア: ヘルスケア&ケア用品
 

 飲んでみると不安に効果があったのかわからないが、夜はよく眠ることができた

漢方薬メーカーによって用法が違うが、できれば食前に飲んだ方がいいかもしれない

 しかし、上記の漢方薬は意外と高いため半年ほどでやめてしまった。

 

 

次回二つ目の漢方薬を紹介します。

 

読んでいただきありがとうございました!

 

 

赤面症・顔面多汗症〜日常〜

 

 

本日、星状神経節ブロック治療を受けてきました。

 

三週間に一度受けるよう言われているが、仕事の関係からコンスタントに治療を受けることができないでいる

 

しかし、治療を受けてみるととても効果「治療を受けてから2-3週間は赤面が出にくくなる(ゼロではない)」を感じる。

 

 

なぜ、星状神経節ブロックをするといいのか、調べてみた。

 星状神経節ブロック(せいじょうしんけいせつ-)[2]痛みの原因となる神経線維末梢神経交感神経節に対し、局所麻酔薬を浸透させることで、神経そのものの機能を一時的に麻痺させ、交感神経を抑制し痛みの伝達をブロックする。交感神経節ブロックとも呼ばれる。神経痛だけでなく顔面神経麻痺突発性難聴多汗症の治療などにも用いられる。星状神経節は首の付け根付近にあり、ここには心臓気管支などを支配している交感神経が集まっているため施術の応用範囲が広く、神経ブロック療法の中では最もポピュラーな方法と言える。

星状神経節は首に左右一対存在する長さ3㎝の交感神経の合流点(神経節)。星状神経節ブロックとは、この部位に局所麻酔薬を注入することで、交感神経の機能を一時的に押さえ込んで、血管を拡張して血液の流れを改善する治療法。交感神経の遮断により、顔面、頭部、上肢、上胸部の血管が拡張し、血液の循環が良くなる。交感神経を遮断することで痛みの悪循環と呼ばれる痛みの慢性化を作り出す機構を抑え込むことができる。適応範囲は広く、頭部から胸部の痛みや、しびれ、麻痺、血流障害などをきたす疾患が対象で、主な適応疾患は、種々の頭痛、帯状疱疹痛、帯状疱疹後神経痛、複合性局所疼痛症候群、幻肢痛顔面神経麻痺突発性難聴アレルギー性鼻炎網膜色素変性症、網膜中心動・静脈閉塞症、頸椎・椎間板ヘルニアなど。[8]

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9A%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%83%8B%E3%83%83%E3%82%AF

文書が長すぎるので要約すると....

星状神経節は首に左右一対存在する長さ3㎝の交感神経の合流点(神経節)である。神経痛だけでなく顔面神経麻痺突発性難聴多汗症の治療などにも用いられる。星状神経節は首の付け根付近にあり、ここには心臓気管支などを支配している交感神経が集まっている

 

要するにブロックさせるの一時的なため2-3週間しか効き目が持続しないということである

先生の言う通り、あとは訓練して自分で克服していかなければならない。

 

今回も読んでいただきありがとうございます。

 

 

 

赤面症・顔面多汗症~ペインクリニック編~

 

星状神経節ブロック(SGB)とは頸部(首)にある交感神経節に局所麻酔を注入する治療法であり効果としては頭・首・顔・肩・腕・手・上胸背部への血行をよくし、痛みを和らげたり、筋肉の緊張を解かす作用があるものである。

要するに病気やストレスなどで乱れた体の調和を回復させるもので自律神経を整えるものである

 

ブロック方法は至って簡単であり、ベッド上に仰向けになり、首元の星状神経節に注射局所麻酔薬の1%カルボカイン(病院によって違う)を行って、30分ほど安静にしてから治療終了というものだった。

薬を注入しているときは肩や後頚部、背部にズーンと響くことがあるが、終わってみるととても気分が爽快になる。

 

また、首は左右の二か所を選ぶことがあるが、私は数十回打ってみてがとても合うため、ほとんど右側を注射してもらっている。

この注射の副作用は注射を行った側の目が充血(時間とともに消える)するくらいである。

この治療を初めて、数回はあまり効果は得られなかったが、5回目くらいから顔面多汗症で気になっていた額汗が出なくなってきた。

 

また、先生は注射後3週間は効き目があるためその3週間人前に出たり大勢の中で会話をしたり、成功体験を身体に覚えさせるといいよと口にしている。

 

 

 

 

 

 

 

 

赤面症・顔面多汗症~ペインクリニック編~

 

赤面症顔面多汗症の様々な治療を6年ほど行い、現在の治療に落ち着きました。

 

後、就職してから、上記症状の発現が多くなり嫌気が差し、多汗症で有名な大病院へ藁にも縋る思いで受診を決心しました。

 

そこでは以前にも説明した胸腔鏡下交感神経遮断術(ETS)有名な先生がいました。

やはり有名な先生は患者さんに人気があるため、初診で6時間近く待ちました。

 

そこで今までの治療経過と現在の症状を説明した。

 

しかし、先生はこの手術を何度も行って、副作用で苦しんでいる方・後悔している方が多いためもう一度考えるよう説得された。

 

そして、他にもまだ治療方法があるためそちらで対応することに決心した。

 

その治療法はSGB(星状神経節ブロック)というものだった

 

 

 

 

 

赤面症・顔面多汗症~就職活動など~

 

今まで①-④まで読んでいただきありがとうございました。

 

赤面症顔面多汗症の治療を6年ほど継続し、現在の治療に至っています。

 

その間、色々なイベント卒業研究・発表・就職活動・試験勉強)などがありました。

 

そのイベント時赤面症顔面多汗症に苦しみ、耐えてきました。

 

特に就職活動は辛かったです。

 

たまたま夏と重なってくれたことは功を奏した(緊張の汗外で暑くての汗かわからなくなるため)くらいですね

 

面接官も??大丈夫かなと、扇風機をつけてくれたり優しい企業様もあり無事2社ほど内定を頂きました。

 

学生生活最後の一年間は病院にも行かず、治療もせずにただがむしゃらに目の前のことに集中して生きていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

赤面症・顔面多汗症④~精神科編~

パキシル断薬するにあたりあたり、先生にいくつか指示を頂いた。

 

このような薬は離脱症状がありいきなり飲まなくなるとシャンビリなどが起こることがあると言われた。

 

 またパキシルは、離脱症状に注意が必要なお薬です。抗うつ剤の中でも最も離脱症状が目立つお薬と言えます。減量は慎重に行っていく必要があります。

そしてお薬の血中濃度は、飲み続けていくことで安定していきます。およそ半減期の4~5倍の時間で安定するといわれていて、このようになると定常状態と呼ばれます。

引用元:https://cocoromi-cl.jp/knowledge/psychiatry-medicine/paroxetine/about-paroxetine/

そのため少しずつ減量することにした。

私はパキシルCR40mg飲んでいたため、2週間ごとに5mg減量していった。

 

35→30→25mg→20......→6.25mgまで異常なく減量に成功していった

 

しかし、最後の6.25mgからが地獄だった。

 

1日おきにパキシルCR6.25mg服用しないようにしていたが、普段通り生活しているときに突然ビリッと頭の中に響くようなことが多くなった。

これは俗にいうシャンビリというもので、パキシル離脱症状の一つで有名であるということだった。

 

離脱症状
薬物摂取を止めようとするとき、不快な身体的・精神的症状に襲われる状態。例として抗うつ薬パキシルは、服用を中止するとき徐々に減量していかないと「シャンビリ」と呼ばれる知覚障害に襲われるケースが多い。

引用元:

https://hoshimi12.com/?p=764

また、電車の中で突然脈が速くなり、汗が出始め、気持ち悪くなり、吐き気を催すことがあった。

快速電車であり何駅か通り過ぎるため、その数分が地獄だった。

 

もしかしたら、セロトニン症候群だったのかもしれない。

セロトニン症候群:抗うつ薬等の服用により、脳内セロトニン濃度が過剰になることによって引き起こされる症状の総称。主な臨床症状は、神経・筋症状(腱反射亢進、ミオクローヌス、筋硬直等)、自律神経症状(発熱、頻脈、発汗、振戦、下痢等)、精神症状の変化(いらいら、不安、焦燥、錯乱、興奮等)で、服用開始数時間以内に現れることが多い。中止により消失するが、まれに横紋筋融解症や腎不全などの重篤な状態に陥ることがあり注意が必要です。

引用元:https://www.min-iren.gr.jp/?p=27508

上記のようなことが続いたが、約半年後には目立った症状は出なくなった。

しかし、体重増加一年くらい続き、MAX8kgほど増えてしまった。

 

 

 

 精神科は今日も、やりたい放題

精神科は今日も、やりたい放題